寝室をリラックスできるリズムを作る

快適な睡眠環境を心がけよう

快適な睡眠環境を整えるための3つのポイントをご紹介します。

①寝室の【室温】

夏は26度~28度・冬は18度~23度が睡眠に適しています。この温度設定にすれば快適な睡眠が得られるでしょう。就寝の1時間くらい前からこの室温に調整しておきましょう。そして就寝後2時間くらいは、この室温を維持しましょう。

②寝室の【湿度】

湿度は、50%程度が、良いとされています。加湿器または除湿機で、この数値に設定しましょう。

③寝室の【音】

【図書館のような】静けさが理想です。ご家族のいびきや屋外を走る車の騒音などに悩まされる人もいると思います。ぜひ、睡眠のための静かな環境を整えてください。環境を整えるのが難しい場合は、厚手のカーテンや耳栓も有効です。
人間が起きている時に感じる【暑い】【うるさい】は、睡眠中も体が感じ取っています。快適な睡眠を得るためには、上記3条件を整えることが大切です。また、これらの条件は、寝つきを良くするためにも効果的です。

参考: 寝室のインテリアコーディネート実例集|インテリアハート (電話H)キューティナイト

 

リラックスを習慣づける

リラックスを習慣づける5つの方法をご紹介します。

①ぬるめのお湯で半身浴

温度設定は、38度~40度、時間は20分です。
体の芯から温まります。
そして、元の体温に戻ろうとする時に自然な眠気を催します。
お気に入りの香りがする入浴剤の併用も効果的です。

②ホットミルクを飲む

ホットミルクやココアには、自立神経を落ち着かせる作用があります。
牛乳のタンパク質を消化すると「オピオイドペプチド」を生成します。
この成分は、リラックス効果があります。

③α波を出す

クラシック音楽を静かに聴いて、脳からα波を出すと効果的です。
リラックスしている時の脳は、α波を出しているのです。

④室内照明を弱くする

就寝1時間前には、間接照明に切り替えるなどして、脳への刺激を和らげましょう。

⑤軽いストレッチを行う

程よいストレッチ運動は、リラックスした状態に導いてくれます。
痛みが出るほどの強いストレッチ運動は逆効果です。
これら5つの習慣により、深い睡眠を得ることが出来て、毎日が生き生きとしたものになるでしょう。

 

 参考: 寝室のインテリアで運気を上げる7つのお手軽風水術